1. TOP
  2. レジャー・リゾート
  3. オプショナルツアーは選び方次第で忘れられない思い出に。ハワイの人気アクティビティ10選

オプショナルツアーは選び方次第で忘れられない思い出に。ハワイの人気アクティビティ10選

 2016/09/19 レジャー・リゾート
この記事は約 7 分で読めます。 504 Views

ハワイに来るならアクティブに楽しみたいとみんなが思ってるはず。旅行に出る前に何度もパンフレットやネットを見るけど、実際にどのオプショナルツアーが良いのかなんてやってみないとわからないもの。そこで!絶対に失敗しないおすすめアクティビティー10選を紹介させていただきます。

ラニカイビーチツアー

Top1

今となっては知ってる人も多いラニカイビーチ。ハワイ語で天国の海と呼ばれるこのビーチは全米の最も美しいビーチのナンバーワンに選ばれたこともあるほどです。

真っ白なパウダースノーのような砂に目の前に広がるエメラルドグリーンの海。ワイキキビーチもそれなりに綺麗だけど、このビーチに行けばハワイに来て良かったと思えるはず。

最近はレンタカー等で島を回る人も多いですが、ラニカイビーチ周辺は住宅街になっている為ビーチ専用の駐車場がありません。必然的に路上駐車になりますが、最近は朝早い時間を逃すと駐車スペースを見つけるのは至難の業。そこでツアーに参加するのが一番手っ取り早いです。ビーチ後の疲れた体で運転せずに済みますから一石二鳥です。

ノースショアツアー

Top2

ハレイワタウンの散策で有名なノースショアツアー。あの有名なマツモトシェイブアイス、それからノースショアのガーリックシュリンプもこのツアーで体験できます。

ノースと言えども広くてすることの選択が多いので自分の好みにカスタマイズできる、個人ツアーを特におすすめします。ツアー申込時に運転手さんに聞くとオプションを教えてくれます。

ガーリックシュリンプで有名なジョバンニはいつも大混雑。2、30分位待つこともザラです。ロミーズは到着する前に電話をしておくと到着時間を考えて到着してすぐに食事ができるように準備しておいてくれます。個人ツアーだと運転手さんが電話をしてくれるので、待ち時間の無駄を防げます。途中でコーヒーギャラリーに止まってもらい、炒りたてのコーヒーを買うのも良いですね。

ラニアケアビーチではウミガメも見ることができるので、是非運転手さんに止まってもらいましょう。またノースに行く途中にあるドールプランテーションや、マカダミアナッツファーム等に寄れるのも個人ツアーの魅力です。

名門いるか中学・大学

Top3

ハワイでいるかと泳ぎたいならここ。日本人経営者のイルカさんは、なんとイルカが大好き過ぎて名前もイルカに変えた程。講習ではどのように野生のイルカと接したらいいのかを日本語できちんと教えてくれます

ただイルカと一緒に泳ぐだけでなく、アロハの精神やハワイの深い文化等にも触れる講習はイルカとの体験もより精神的な物にしてくれます。参加者みんなが海の中で輪になると、野生のイルカ達がその輪の中に入ってきたり、感動のひと時が過ごせます。

必要な物は全て揃えてくれて、ホテルまでのピックアップもあるので朝起きるだけ。後は全ておまかせです。

キラウエア火山見学ツアー(ハワイ島)

Top4

世界遺産に指定されているキラウエア火山国立公園。ハワイの神様のペレが住むと言われている活火山で、ハワイの偉大な自然を肌で感じることが出来るツアー。特に夜のツアーは満面の星空と火山の色のコントラストがきれいで、思い出に残ること間違いなしです。ボルケーノハウスから見るのもよし、日中にヘリコプターツアーに参加するもよし、いろんな角度から火山を見物することが出来ます。

以前は火山ツアーに参加する場合は、ヒロ地区宿泊が定番でしたが、サドルロードが開通したためコナやワイコロア地区から1時間ちょっとで行けるようになった為、ウェストコーストからの参加が容易になりました。

溶岩が流れ出ている場合等は、危険な場合もありツアーが決行されない場合もあります。

ナパリコーストボートクルーズ(カウアイ島)

Top5

世界の絶景ポイントにも選ばれたカウアイ島のナパリコースト。ハイキングやヘリコプターからは見ることのできない壮大な大自然の中をクルージングするツアーです。

途中で滝が見えたり、大きな虹が海にかかるのをみたり、次々に変わる目の前の景色にカメラが追いつかないほど。鯨のシーズン(12月から4月頃まで)だとクルーズ中に鯨のジャンピングが見られることもあります。イルカは年間通して見ることが出来ます。

賢いイルカ達はクルーズボートには慣れっこ。人間の運転するクルーズボートの前を泳いでトリックを得意そうに見せてくれることもありますよ。防水カメラを忘れずに持参してください。

マウンテンチュービング(カウアイ島)

Top6

巨大な浮き輪に乗って大自然の中を川下りしていくこのツアーは子供から大人まで大人気。昔はサトウキビ畑の用水路として使われていたこともあり、ツアーの中でカウアイ島のプランテーション時代の歴史のお話しをしてくれます。

そんな歴史を感じながら川下りすると何か子供に返ったように無邪気に楽しむことが出来ます。途中、暗いトンネルの中を頭につけた懐中電灯を頼りに下っていくのは、少しスリリングでアドベンチャー感もたっぷりです。

ホノルルシティツアー

Top7

ホノルル市を一気に見ることができる市内ツアーは、約二時間程で効率的に市内の主要ポイントを見て回れるツアー。ハワイが初めての人にもぴったりです。

お昼前にワイキキから出発しワイキキの街並みが一望できるパパコレアの丘、この木何の木のあるモアナルアガーデン、全米で唯一の宮殿イオラニ宮殿、かの有名なカメハメハ大王像で写真撮影、そして最後はアラモアナの美しいビーチ、マジックアイランドで解散になるものがほとんどです。

写真を撮りたい所を一気に回れるので、ハワイ初心者でなくても参加したいツアーです。

ポリネシア文化センター

Top8

オアフ島の北部ライエ地区にあるハワイにある唯一のテーマパークであるポリネシア文化センター。センターの内部は各ポリネシア文化の展示及びデモンストレーション等、ポリネシアの6つの国を半日程で体験できるパークになっています。

各アトラクションでは伝統的な遊びやゲームそれから文化等をセンターのキャストと一緒に楽しむことができます。必見なのが夜のショー。100人以上のダンサーたちが繰り広げるポリネシアンショーのHA(ハワイ語で命の息吹という意味)はハワイ最大級のショーなだけあり、素晴らしいハワイのダンスに感動することでしょう。

モアナルアガーデン

Top9

この~木なんの木気になる木~♪ のコマーシャルで有名な気になる木のあるモアナルアガーデン。場所はホノルル空港の近くです。

ツアーで行くのも便利ですが自由時間の利く個人ドライバーで行くのがおすすめ。ガーデンの方はワイキキと違い、気候も穏やか。しきつめられた芝生の上に寝っ転がってみたり、お弁当を広げてみたり、非日常的な空間にエスケープするのはいかがですか?

ハレアカラ山頂日の出ツアー(マウイ島)

Top10
マウイ島にあるハレアカラ山はなんと標高3000メートル以上。ハレアカラとはハワイ語で太陽の家という意味意味で、昔から地元の人から神様がいらっしゃるところと言われていたスピリチュアルな場所です。

ツアーは殆どが午前の3時ごろに集合、ホテルからバンでハレアカラの頂上まで登っていきます。標高が高い山頂はかなり冷え込みますが、そこで見る日の出は太陽の家という言葉がぴったりな光景です。日が昇る際にはローカルのスピリチャルリーダーがチャンティング(聖なる言葉を発すること)をしてくれ、とても神聖な雰囲気になります。このツアーが最近ヒーリングツアーと呼ばれている理由はそこにあるのかもしれません。

ジャケットの貸し出し等はツアーに含まれていますが、それでもかなり寒いです。ダウンジャケット等を持っていくことをお勧めします。

なおハレアカラ山以外にもハワイにはパワースポットがたくさんありますのでご興味のある方はこちらもお読みくださいね。

最後に

いかがですか?ハワイと言えども、オプショナルツアーにはかなりの種類があります。どんな思い出を作りたいか事前に考え、旅行前にツアーの予約を済ませておきたいですね。

【人気記事】格安旅行並みの価格なのにハイグレードホテルに泊まれる、夢のようなツアーとは?

\ SNSでシェアしよう! /

ハワイ旅行のことならハワイツアーズの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ハワイ旅行のことならハワイツアーズの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • 【ハワイ旅行記】ワイキキの夜空を彩る、ヒルトンの花火は週1回だけ!

  • 家族みんなで楽しめる!ハワイのプールと言えばここ、ウェット・アンド・ワイルド・ハワイ!

  • ハワイ観光と言えばココ!”ポリネシアン・カルチャー・センター”の魅力と絶対に外せないイベントとおすすめポイント

  • 絶対外せない!厳選ハワイ・オアフ島おすすめのオプショナルツアー10選

  • 朝まで盛り上がろう!ちょっと羽目を外したいときに行くべきハワイのクラブ14選

  • 初心者でも安心してサーフィンを楽しめる!ハワイで日本語対応のサーフィン・レッスン&スクール