1. TOP
  2. 特集
  3. 何月に旅行する!?画像で見るハワイの月ごとの服装とファッションのポイント

何月に旅行する!?画像で見るハワイの月ごとの服装とファッションのポイント

 2017/12/11 特集
この記事は約 14 分で読めます。 2,291 Views

1年を通して海に入ることができると言われる温暖なハワイですが、旅行する時期によっては、本当にTシャツだけで過ごせるの?暑さは?寒い日もあるの?など、気になることもたくさんあると思います。

せっかくのハワイ旅行ですから、快適に過ごしたいですよね?

ハワイに着いたのに思っていた気候とは違っていた…なんてことにならないためにも、今回は”ハワイの季節にあわせた服装を月ごと”にご紹介していきたいと思います。

ハワイの春の服装

3月のハワイは重ね着がベスト!

3月の服装のポイントは”重ね着”!!

3月のハワイの気温は、最高気温は27℃、最低気温は18℃程度、晴れていれば海で泳ぐこともできる気候です。

しかし、3月はまだ、スコールなどの雨が多い「雨季」のシーズン後半にあたるので、雨が続くと肌寒くなったり、汗ばむような晴天に恵まれたりと、日によって気温がずいぶん変わるので、「暑さと寒さの両方の対策が必要」になる時期です。

ポイントは、レギンスやヒートテック、パーカー、ダウンジャケットなどの組み合わせ!

男女に関わらず、タンクトップ、半袖にパーカーやダウンを重ねてみたり、丈の短いパンツやマキシワンピースなどにレギンスやヒートテックのインナーの重ね着がおすすです。

気温が下がれば着て、暑くなれば脱ぐ!

気候にあわせて服装を調整できるような“雨にも晴れにも対応出来るファッション”を目指しましょう!

あわせて読んでおきたい”ハワイ旅行の持ち物決定版!初めてでも安心。男旅や子連れ・カップル・女子旅もバッチリの持ち物チェックリスト!”についてはこちら↓

4月のハワイは日本の初夏と同じ?


4月の服装は、日本と同じ夏の服装でOK!

4月のハワイは、最高気温は28℃、最低気温は19℃程度で、日本の6月くらいの気温です。

ハワイでは、4月から「乾季」に入り、天候も安定してくるので、日差しや紫外線対策や暑さ対策が必要になるシーズンを迎えます。

4月のハワイでのおすすめファッションは、Tシャツ、短パン、ビーチサンダル!

びっくりするかも知れませんが、実際ハワイでは、観光客以外でスニーカーを履いている人を見かけることはあまりありません。

基本的にビーチ付近にいる人たちは、ビーチサンダルスタイルの人ばかりです。

ただし、「ダイヤモンドヘッド・トレッキング」などのツアーやショッピングでたくさん街中を歩く時場合は、靴擦れ防止のためにも、履きなれたスニーカーを履くことをおすすめします。

また、4月はまだ乾季が始まったばかりなので、朝夕は肌寒く感じることもあります。

カーディガンなどの薄手の羽織るものを1枚は持っておくと重宝しますよ!

5月のハワイは夏真っ盛り!

5月のハワイの最高気温は28〜30℃、平均最低気温は18〜20℃程度、日本の7月〜8月くらいの暑さで、1年の中でもっとも降水量が少なくなる季節に入りますが、時折急なスコールが降ることもあるので、乾季に入ったからと言っても油断は禁物。

天気予報が晴れでも、どんな優秀な気象予報士でも、にわか雨までは的確に予測できません。

簡易的な雨具などでも良いので、持ち歩くようにしておくと安心ですよ。

また、5月のハワイも、服装は日本の夏ファッションで問題なし!

地元のロコたちも露出が高くなりがちなシーズンですが、レストランやカフェ、ブランドショップなどでは、開放的な服装での来店は断られることもあります。

フォーマルなお店へ立ち寄る時は、リゾート感上品めのワンピースなどで行くようにしましょう。

日本でも同じですが、あまりにも露出が高すぎる格好で歩いていると、思わぬトラブルに遭遇してしまう可能性があります。

比較的治安が良いと言われるハワイであっても、あまり刺激的な格好には注意が必要です。

特に、英語に自信のない方は、あまり解放的になり過ぎないように心がけましょう!!

5月のGW(ゴールデンウィーク)は、ツアーや航空券がもっとも高くなるハワイ旅行のハイシーズンです。

GWにハワイ旅行を考えている人や、安くハワイへ旅行したい方には、次の記事もおすすめ!

あわせて読んでおきたい”ハワイ旅行の価格が一番安い時期はいつ?安い航空券やツアーの見つけ方など徹底解説!”についてはこちら↓

夏のハワイファッション

6月のハワイはマリンスポーツがテーマ!

6月のハワイの最高気温は30℃前後、最低気温も20℃と、夏の盛りを迎えます。

ハワイでもっとも降水量が少ない6月は、マリンスポーツが一番似合う季節です。

6月のハワイの服装のポイントは、”水着と洋服の着あわせ”

海水浴からショッピングまで対応できる服装が理想的です。

晴れの日のハワイでは、水着にTシャツ、短パンや海パンだけ、といったスタイルの人を多く見かけます。

ビーチではもちろんみんな水着ですが、ハワイがいくらリゾートとは言っても、水着だけで外へ出かけるのはマナー違反。

カフェやABCストアでのショッピングの際には、必ず、水着の上にワンピースやTシャツとショートパンツなどを取り合わせましょう。

ハワイではショートパンツ派のスタイルがスタンダードで、ミニスカートを履く人は少数派、現地に馴染みたい方にはパンツスタイルがおすすめ!

この頃からは本格的に日差しが強くなるので、サングラスは必須です。

7月のハワイは冷房に気をつけて!

7月のハワイの最高気温は30℃前後、最低気温も21℃前後です。

ハワイの夏は、気温が高いですが湿度は低いので、カラっとした風が心地の良い快適な暑さ。

日本の夏のジメジメした蒸し暑さとは全く違うので、初めて体感する人には衝撃的かも知れません。

また、ハワイを代表する果物、パイナップルやマンゴーも7月から旬を迎えます。

美味しいフルーツを味わいたい方は、7月以降のハワイ旅行がおすすめ。

7月のハワイのファッションは、6月とほぼ同じです。

女性はマキシワンピースやTシャツ、タンクトップにショートパンツなど、ビーチへ遊びに出かけるなら、その下に水着を着てしまえばバッチリ!

男性も、海パンやハーフパンツに、TシャツやタンクトップのようなリゾートスタイルでOK!

ただし、ハワイのショッピングセンターやスーパー、バスなどの公共施設は、常に冷房がガンガンに効いています。

涼しいを超えて「極寒」の世界です。

外と中の寒暖差で体調を崩してしまわないように、外へ出かけるときには必ず薄手の上着やシャツを1枚持ち歩くことをおすすめします。

海で遊ぶときだけではなく、トロリーやバス、レンタカーの移動中も長時間太陽の下で日光にあたることも多くなるので、たっぷりと日焼け止めクリームを使って紫外線対策はしっかりとしておきましょう!

途中でなくなっても安心!ハワイでおすすめの日焼け止めクリームについて知りたい方には、次の記事もおすすめです。

あわせて読んでおきたい”日焼け止めは現地購入がベスト!!ロコも愛用するハワイのおすすめ日焼け止め6選”についてはこちら↓

8月のハワイは紫外線予防がポイント!

8月のハワイの最高気温は31℃前後、最低気温も21℃を超えて、夏真っ盛り!8月~9月にかけてハワイの夏は最高潮を迎えます。

ハワイの8月は、雨も少なく、日の出は6時~日の入りは19時と日照時間がもっとも長く、1日中たっぷりと遊べる絶好のシーズンです。

ただし、ずっとハワイの強い太陽の光にあたっていると、暑さにバテてしまったり、熱中症になってしまうこともあるので、適度に水分を取るように心がけてください。

ハワイには、日本のように自動販売機が、あちこちにあるわけではありません。

また、ハワイは比較的水道水がキレイな土地ではありますが、体質によっては体調を崩してしまうこともあるので、飲み物はABCストアなどの売店やスーパーで売られているミネラルウォーターなどを、余裕をもって買っておくことをおすすめします。

外へ遊びに出かけるときには、必ず飲み物の準備を忘れないようにしましょう!

秋のハワイファッション

9月のハワイはまだまだ暑い!

9月のハワイも、8月と同様に、Tシャツに短パンの夏のスタイルでOKです。

もし、それでも日本からどんな感じの洋服を持っていけばいいのかわからない!ということであれば、ABCストアやアラモアナセンターなどで、現地ハワイならではの絵柄のワンピースやTシャツを購入するのも楽しいですよ。

9月のハワイの最高気温は31℃前後、最低気温も21℃前後と、8月とほぼ変わらず、暑い日が続きます。

1年を通して暖かい気候のハワイですが、10月からは雨季に入り、やや気温も下がるので、雨などを避けて観光を楽しみたい方には、9月までのハワイ旅行の計画をおすすめします。

10月のハワイは秋の影がちらほら

雨季が始まる10月は、最高気温は30~28℃、最低気温は20℃前後、平均気温が約25℃と、日本の初秋のような気候です。

日差しのある日中は、プールや海で遊ぶこともできますが、朝夕や曇り、雨の日には、冷え込んで寒くなることもあります。

10月のハワイの服装のポイントは”少し厚手のパーカー”を1枚用意する!です。

ハワイのショッピングセンターでも、10月に入ると薄手のリゾートファッションや水着に混ざって、ジャケットやニット、ブーツなどの秋・冬の洋服が店頭に並びます。

ハワイの人々には「夏服、冬服」と季節ごとに服装を決める習慣がなく「暑いときには涼しく、寒いときには暖かくする」という、シンプルな考えのもとに服装を組み合わせている人がほとんどです。

冷え性なロコたちですと、昼間でも少し寒いなと思えばニットを着て出歩いているので、私たちもあまり深く考え込まずに「防寒対策にパーカー1着と、なにか足りなかったら、あとはハワイで買おう!」くらいの気持ちで大丈夫なので、安心してくださいね。

あわせて読んでおきたい”ハワイではどんな服装をすればいい?TPOに合わせた服装や現地調達するためのサイズ比較まで徹底解説!”についてはこちら↓

11月のハワイは寒暖差に気をつけて!

11月のハワイの気温は、最高気温28℃前後、最低気温も20℃前後、平均気温は約23℃。

日中は海やプールに入る事ができるくらいの夏の陽気ですが、夜になると一変して寒くなるので、半袖のTシャツ一枚で出かけると後悔します!

気温などは10月と変わらないので、基本的には10月同様に日中はTシャツと短パンなどでも十分すごせますが、朝夕や雨が降る日には上着が必須。

そんな11月のハワイでの、服装のポイントは…厚さの違う上着の2枚使い!!

上着は薄手のモノと、厚手のモノの2種類を用意しておくと便利です。

ショッピングモールなどでの冷房も相変わらずなので、必ず寒暖差に対応できる上着を準備しておきましょう。

また、11月のハワイは「雨季」真只中なので、月の終わりごろまではハリケーン(台風)のシーズンです。

マリンスポーツにはやや向かない季節でもあるので、雨の日でも楽しめる観光プランも検討しておくことをおすすめします。

あわせて読んでおきたい11月のイベント”いまハワイ発ブランドがすごい!セレブが集まる”ホノルル・ファッションウィーク”とは!?”についてはこちら↓

冬のハワイファッション

12月のハワイは雨にご注意!

12月のハワイは、最高気温は27℃前後、最低気温は17℃ほどで、降水量も1年で一番多くなります。

ハワイの1年の中でも気温が低く、降水量も多い12月は、折りたたみ傘やカッパなど雨具の準備が必須です。

とはいうものの、冬のハワイでは水着の上からワンピースを1枚着るだけでも、観光ができるほどの暖かさは十分あります。

もちろん、海を泳ぐことだってできちゃいますよ!

時々シャワーのようなスコールや、スーパーやショッピングモールなどの施設、朝夕の外出時には、パーカーなどの上着は必要です。

朝夕や風の強い日など、天気がすぐれない日には、かなり冷え込むので長袖の用意もしておくことをおすすめします。

12月のハワイは雨や寒いばかりではありません!!

実は、12月のハワイは「大切な人との思い出作りには最適なシーズン」なんです。

12月のハワイの雨上がりはとても綺麗な虹が見られ、ダイヤモンドヘッドから眺める虹は”人生で一度は目にしておきたい絶景!”

さらに、年末年始には「年越しのカウントダウン(ニューイヤーズ・イブ)」の花火を楽しむことができるので、大切な人との特別な思い出作りには最適の穴場シーズンです!

あわせて読んでおきたい”年越しカウントダウン(ニューイヤーズ・イブ)」花火の魅力と穴場スポット”についてはこちら↓

1月のハワイは一番寒い!?

1月のハワイの最高気温は26℃、最低気温は18℃前後になり、1月〜2月にかけて最も寒い時期に入ります。

この時期になると、さすがのハワイでも海で遊んでいると寒く感じることも多く「海に入るにはギリギリの気候」という表現が的確かも知れません。

なので、女性も男性も、上はTシャツにヒートテックなどの肌着の重ね着と、コンパクトに収納できる軽くて暖かい上着、下は女性であれば、薄手のスキニーや短パンにレギンスやタイツなどを履き、男性の場合は薄手のスラックスやジーンズがおすすめです。

靴は、男女共にスニーカーが、雨の日も足元が気にならず、寒さ対策にもなるのでちょうどいいですよ。

あわせて読んでおきたい”ハワイの雨季は何月!?雨季の時期と降水量について”についてはこちら↓

2月のハワイは油断禁物!

2月のハワイは、最高気温は27℃、最低気温は17度℃。

まだ2月は雨季半ばなので、朝や夕方にシャワーのような雨が頻繁に降ります。

2月のハワイでの服装は、日本でいう”晩夏〜初秋の装い”がおすすめ!

つまり、長袖のシャツ一枚または、Tシャツにカーディガンやパーカーを合わせるといったスタイルです。

朝夕が冷え込む2月には「できればトレーナーを1枚持参したい」と、言いたいところなのですが…荷物がかさばってしまうので、夏服にパーカーやカーディガンを合わせたり、薄手の長袖の準備がおすすめ。

「寒くてたまらない!」なんて事態だけは避けたいですよね。

冬の日本からハワイへ向かう時の服装はどうすればいい!?

最後に、ここが皆さんが一番悩むところだと思うのですが…

”冬の日本から常夏のハワイへ向かうときの服装ってどうしたらいいの!?”

夏であれば、日本と同じ服装のままでハワイへ向かうとこができますが、逆となると困ってしまいますよね?

それでは、この疑問にお答えしていきたいと思います。

女性の場合

女性の場合、下は薄手のジーンズや短パンにレギンス、上はTシャツやタンクトップ、ヒートテックの肌着などの上にパーカー、そしてコンパクトに収納できる軽くて暖かいダウン系の上着の組み合わせがおすすめです。

ハワイに到着したら、ヒートテックやパーカー、ダウンを脱ぐだけで済みますし、12月〜2月の冬のハワイであれば、パーカーやヒートテックの肌着が必要になることもあります。

日本=ハワイ間のフライトでは、自分自身に身につけているので荷物になることもなく、日本とハワイの気候に合わせる事ができますよ!

男性の場合

男性の場合も女性と同様に、上はTシャツやタンクトップ、ヒートテックの肌着などの上にパーカー、そしてコンパクトに収納できる軽くて暖かいダウン系の上着、下は薄手のジーンズやスウェットなどのパンツにヒートテックのインナーの組み合わせがおすすめです。

ダウンジャケットは、ダイアモンドヘッド観光などの時に大活躍するので、無駄になることはありませんよ!

冬のハワイ行きの飛行機の機内は、エアコンが入っていても想像以上に寒いので、ダウンジャケットは必ずに機内に持ち込んでください。

寒がりの人は、特に足元が冷えるので、下半身の防寒対策を万全にしておくことをおすすめします。

「寒くて眠れない!」なんてことは避けたいですよね…。

もし万が一、機内で暑くなれば、脱ぐこともできますし、機内での防寒対策をするだけでも、ハワイの初日の過ごし方が随分と違ってきますよ!

あわせて読んでおきたい”長時間のフライトが楽しくなるって本当!?飛行時間とサービスを知ればハワイ旅行がさらに快適に!”についてはこちら↓

まとめ

”何月に旅行する!?画像で見るハワイの月ごとの服装とファッションのポイント”をお届けしてきましたが、いかがでしたか?

1年中真夏のようなイメージのあるハワイですが、以外にも肌寒い時期もあることに驚かれた方もいらっしゃるかも知れませんね。

何月にハワイ旅行へ行くかによって、服装も、用意する物も変わってきますので、しっかりと準備をして楽しいハワイ旅行にしてくださいね!

【人気記事】大人気のアウラニ・ディズニー・ハワイ・リゾートに激安で泊まれる裏ワザとは?

\ SNSでシェアしよう! /

ハワイ旅行のことならハワイツアーズの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ハワイ旅行のことならハワイツアーズの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • 絶対に妥協したくない!!こだわり女子必見のハワイの人気チャペル12選!!

  • 【ハワイ旅行記】ハワイ初心者にもやさしいワイキキ。私が行ったオススメのお店はここ!

  • 思わぬ大物に遭遇するかも!!ハワイの芸能人がよくいくスポットを大紹介!

  • ”ハワイは日本語が通じる”はウソ?知っておくべきハワイの日本語事情と英語が話せない人の心強い味方をご紹介!

  • 世界のセレブリティが集う!満足度120%を約束するザ・カハラホテル&リゾートの魅力とは?

  • 2018年上半期!テレビで紹介された”おしゃれ芸能人がおすすめする”最新のハワイスポット特集