1. TOP
  2. 特集
  3. ハワイの地震頻度や地震・津波速報、防災対策、注意点について

ハワイの地震頻度や地震・津波速報、防災対策、注意点について

 2017/10/31 特集
この記事は約 11 分で読めます。 2,450 Views

温暖な気候と穏やかな雰囲気が人気のハワイでは、6月〜11月に起きるハリケーンや暴風雨への注意はよく耳にしますが、実はハワイにも日本と同様に「地震」の危険が潜んでいることをみなさんご存知ですか?

「ハワイ」と「地震」全くイメージが繋がらない2つに思えますが、ハワイでは、2017年6月8日にM5.3、震度4〜5弱に相当する地震が起きており、これまで何度も大きな地震被害が報告されている土地でもあるのです。

今回は、あまり耳にすることの少ない話題だからこそ「ハワイの地震」について少しお話していきたいと思います。

ハワイに地震はあるの?


ハワイに地震はあります。

ハワイの島々は、海底火山によって生まれた火山島です。

ハワイには現在も活発な火山活動を続けるマウナケア火山やマウナロア火山、キラウエア火山があり、ハワイの有名な観光スポットになっています。

つまり、世界有数の活火山が集まるハワイ島は、日本と同様に火山活動による揺れが起きやすい地形なのです。

ハワイの地震


地震には、体に感じる”有感地震”と揺れを感じない”無感地震”の2種類があり、ハワイの地震のほとんどは、揺れを体に感じない無感地震です。

近年まで、それほど大きな地震が起きていなかったハワイでしたが、2000年に入ってからは、いくつか地震のニュースが入ってきているので、少し注視したい項目になっています。

ハワイの地震頻度と震度

年月日 マグニチュード 震度
1868年4月2日 M7.9 8弱
1871年2月20日 M6.8 7弱
約50年間大きな地震の観測なし
1929年5月10日 M6.8 7弱
1951年8月21日 M6.9 7弱
1973年4月26日 M6.2 5強〜6
1975年11月29日 M7.2 7
1983年11月16日 M6.7 6強〜7弱
1989年6月2日 M6.2 5強〜6
2006年10月15日 M6.7 5強〜6
2017年6月8日 M5.3 4強〜5

地震の多いと言われている1900年代でも、ハワイの地震は約20年に1〜2回の頻度で起きており、2000年代でも、2006年と2017年の約20年の間で2回地震が起きています。

しかし、1970年と1980年には、大きな地震から2〜5年内にも地震が起きている事例もあるので、「今年地震があったから、しばらくは安心だろう。」と安直に構えるのは危険です。

大地震に遭遇するリスクが”少し緩和された”とは言えるかもしれませんが、ハワイが火山島である限り、地震は避けられないものなので、日本にいる時と同じくらいの気持ちの準備はしておいた方がいいかもしれませんね。

過去、ハワイで起きた地震の被害規模について


「日本と同じくらいの気構えで。」と言われても、上記の表で見ると震度5以上の地震ばかりなので、どうしても不安に思ってしまいますよね?

では、過去にハワイで起きた地震でどのくらいの被害が出たのか確認していきましょう。

例えば、ハワイで最大の被害を出した地震と言われている、1960年代に起きたM7.9の地震では、山側で地滑り、海で津波が起き、約80名の人に被害が出ていますが、その他の1975年などに起きたM7.2規模の地震では、家屋被害と2名の負傷者にとどまっています。

また、1990年代以降に至っては、人的被害はなく、停電やライフラインが止まる被害にとどまっています。

地震の規模や震度は高くても、人的被害が少ないのがハワイの地震の特徴です。

津波には細心の注意を


しかし、人的被害の少ないハワイの地震でも、注意しなければいけないものがあります。

それは「津波」です。

日本と同じく、四方を海で囲まれた島国であるハワイも、実は、過去に何度も数多くの津波被害を受けていて、特に、ハワイ東部にあるヒロでは、その立地と独特の地形によって度々、津波の被害に遭っています。

ヒロにある湾は、地震が多く発生する太平洋プレート(北東)へ向かって、鋭角にくぼんだ湾の形をしていて、湾の構造が、津波を寄せ集めるような形になり、威力を強め、被害を大きくしてしまう要因になっていました。

しかし、大きな被害を及ぼした1960年のチリ津波の後、津波被害を軽減するための復興計画(Kaiko’o project)が策定され、鋭角にくぼんだ湾の地形を埋め立て、公園やゴルフ場へ開拓・緑地化するなど、今ではハワイ有数のリゾート地として賑わっています。


現在、ヒロには津波について学ぶことのできる観光施設「太平洋津波博物館(PacificTsunami Museum)」もあるので、ハワイの防災対策について学んで見るのもいいかもしれませんね。

都市への被害を最大限に減らす都市開発が行われた結果、災害と共存する都市として発展したヒロですが、それでも、通常の波と津波との違いを示したポスターをサーファー向けにビーチへ掲示したり、テレビでも津波への注意を促すCMが、今でも、ヒロだけでなくハワイの各地で放送されています。

どれだけ、津波がハワイにとって、切っても切り離せない関係にある災害なのかが伺えますね。

もし、ハワイで地震や津波が起きたら…


どんな災害でも、きちんとした知識と事前の心構えがあれば、被害を最小限に抑えることは十分可能です。

最後に、ハワイ観光中に地震や津波に遭遇してしまった場合の対処方法と情報収集の仕方についてまとめておきますね。

地震や津波の警報と情報収集について

緊急性の高い警報

緊急性の高い警報は、各島・郡の民間防衛局(Civil Defense Agency)から、大きなサイレンが流され、同時にテレビやラジオで緊急速報(Urgent Warning)が流れます。

サイレンと緊急速報が同時に鳴った場合は、緊迫した状況にあるということを、しっかりと理解しておきましょう!

緊急避難速報

遠くで起きた地震によって津波の到来が予測される場合には、まず、太平洋津波警報センター(PTWC)と呼ばれる機関から緊急津波警報(Urgent Tsunami Warning)が発令されます。

その後、津波の危険性が高まった場合のみ、各島・郡の民間防衛局(Civil Defense Agency)から、大きなサイレンが流され、同時にテレビやラジオで緊急速報(Urgent Warning)が流れます。

この場合は、津波の到達3時間前・2時間前・1時間前・30分前に4回サイレンが鳴り、最後のサイレンの後には警察や消防なども要避難区域(Evacuation Zone)から離れ、避難をはじめるので、4回目のサイレンまでには必ず避難するようにしましょう!

便利なサービス『ハワイ地震・津波速報』


現在、アメリカには日本のような、市民一人一人に行き届く緊急速報メールシステムがまだ確立していません。

2017年時点のアメリカで利用可能な緊急情報配信サービスは、アメリカ地質調査所が運営する「CWarn」という事前登録型のサービスがあります。

また、日本の気象庁などの国際機関のデータを利用して配信している非営利団体もあるので、渡航前にチェックしておくと安心ですね。

名称 対象となる国 警報・速報内容 サイトURL
CWarn 世界 地震・津波 http://cwarn.org/
※事前登録制
気象庁(日本) 世界(主として日本国内) 地震・津波 http://www.jma.go.jp/jp/quake/quake_foreign_index.html
日本気象協会 世界(主として日本国内) 地震 http://www.tenki.jp/bousai/earthquake/foreign_entries?order=outbreak_datetime&desc=1
在ホノルル日本総領事館 ハワイ ハワにおける緊急情報等 http://www.honolulu.us.emb-japan.go.jp/itprtop_en/index.html


その他にも、覚えておくと便利なのが、現地日本語ラジオ「KZOO(1210AM)」です。

ハワイ州と日本総領事館が連携し、日本人滞在者向けの緊急速報が放送されるので、ぜひご活用ください。

また、在留届にメ ールアドレスを記入された方には、日本総領事館から随時緊急情報が配信されるので、長期滞在を考えている方は、記入しておくことをおすすめします!

安心感が違いますよ!!

災害時の避難方法や緊急連絡先について


ハワイで地震が起きたら、まず、日本にいる時と同様に、慌てず、頑丈な家具やテーブル下に隠れて、落ちてくる物から頭や身を守ることを優先しましょう!

地震への対処は日本にいる時とさほどかわりませんし、むしろ日本人の方が落ち着いて対応できるかもしれませんね。

避難場所の確認は、各地域で発行されている「電話帳」に記載されているので、見つけたら確認して、メモをとっておきましょう!

では、地震とセットでついてくるもう一つの災害、津波警報が出た場合の避難方法についてご紹介します。

ホテルやショッピングセンターなどの施設内にいる場合


津波警報が発令されたら、観光客の多いホテルやショッピングセンターでは、避難誘導の館内放送を日・英・中など多言語で放送するので、案内を聞いて館内スタッフの指示に落ち着いて従い、避難して下さい。

避難する場所は、出来るだけ上の階へ(3階以上)への移動が目安です。

また、館内放送や多言語放送などに対応していないホテルも中にはあるかもしれません。

そんな時でも、サイレンの音を聞いたら出来るだけ高い建物の上階に避難して下さい。

いつでも避難に困らないように、ホテル宿泊の際には、非常階段の位置をしっかりと確認しておきましょう!

ビーチなどの外にいる場合


ビーチや観光中で外を歩いている時に警報のサイレンが聞こえてきたら、ホテル近くのビーチなどにいる人は、すぐにホテルの中へ避難し、上階へ避難するようにしてください。

また、車で遠出をして、ドライブ中にサイレンが聞こえた場合には、そのまま車で可能な限り、内陸の高い場所へ避難して下さい。

街中で観光中の人は、近くを通る車やバスに向かって手を挙げて乗車させてもらいましょう!

災害時の公共バスなどでは、収容力がある限り乗車を拒否されることはない(拒否できない)ので安心して、乗車を要求してくださいね。

※津波避難エリアの確認は、下記記載の「Civil Defense, State of Hawaii(ハワイ州)」HPで確認することができます。

ハワイ災害時の緊急連絡先一覧


いつ災害に遭遇するのかは、誰にも予測できません。

日頃から、避難場所や緊急連絡先の確認、大使館(在日本総領事館)へ在留届の提出は必ずしておきましょう!

ハワイ民間防衛機関名 住所 連絡先
Civil Defense, State of Hawaii(ハワイ州) 3949 Diamond Head Rd., Honolulu, HI 96816 TEL:(808) 733-4300

Email:HawaiiEMA@hawaii.gov

URL:http://www.scd.hawaii.gov/index.htm

Hawaii County Civil Defense Agency(ハワイ島) 920 Ululani Street, Hilo, HI 96720 TEL:(808) 935-0031

Email:civildefense@hawaiicounty.gov

URL:http://www.hawaiicounty.gov/civil-defense/

Kauai County Civil Defense Agency (カウアイ島・ニイハウ島) 3990 Kaana St., Suite 100, Lihue, HI96766 TEL:(808) 241-1800

Email:kema@kauai.gov

URL:http://www.kauai.gov/CivilDefense

Maui County Civil Defense Agency (マウイ島・モロカイ島・ラナイ島)) 200 S. High St., Wailuku, HI 96793 TEL:(808) 270-7285

Email:emergency.management@mauicounty.gov

URL:http://www.co.maui.hi.us/index.aspx?nid=70

Department of Emergency Management(オアフ島) 650 So. King Street, Honolulu, HI96813 TEL:(808) 723-8960

Email:dem@honolulu.gov

URL:http://www1.honolulu.gov/dem/

在ホノルル日本総領事館 1742 Nuuanu Ave.

Honolulu HI 96817

TEL:(808) 543-3111

URL:http://www.honolulu.us.emb-japan.go.jp

まとめ

”ハワイの地震頻度や地震・津波速報、防災対策、注意点について”お届けしてきましたが、いかがでしたか?

ハワイで発生する可能性のある自然災害は、地震・津波・火山噴火、豪雨など多岐に渡るので、滞在中も最新の気象情報には気を配るようにしておきたいですね。

活発な発動を続ける火山島のハワイでは、大なり小なり地震は避けられませんが、しかし、ただ怖いだけではありません!

火山のあるハワイには、日本と同様に「温泉」が沸いていて、ハワイの大自然の中で“自然の温泉”を楽しむことのができるんですよ!

南国ハワイで温泉が満喫できるのも火山のおかげ。

ぜひ、一度ハワイで温泉に浸ってみませんか?

※旅行の際にはハワイでの防災だけでなく、治安についても知っておきましょう!詳しくはこちら。

【人気記事】大人気のアウラニ・ディズニー・ハワイ・リゾートに激安で泊まれる裏ワザとは?

\ SNSでシェアしよう! /

ハワイ旅行のことならハワイツアーズの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ハワイ旅行のことならハワイツアーズの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • 一生に一度は体験してみる?!費用はいくら?ジョガーの憧れハワイ・ホノルルマラソン参加への道

  • 最新スポットだけが魅力的じゃない!!古き良きハワイの名所を総復習!

  • これさえ読めば安心!ハワイの入国審査をスムーズに終えるために知っておくべきこと!!

  • セレブも御用達!?とびっきり贅沢な時間をお約束!ハワイの高級ホテル13選を大紹介!!

  • ハワイから異世界へ!?エキゾチックな街、チャイナタウンの上手な楽しみ方!!

  • ハワイのビーチはみんな同じじゃない!!目的で選ぶオアフ島のおすすめビーチ13選!