1. TOP
  2. グルメ・ショッピング
  3. ハワイでポキを食べるならどこがいい? おすすめのポキのお店8店をご紹介!

ハワイでポキを食べるならどこがいい? おすすめのポキのお店8店をご紹介!

 2017/08/25 グルメ・ショッピング
この記事は約 14 分で読めます。 2,458 Views

新鮮なシーフードにジューシーなお肉、そして甘~いスイーツ…。ハワイに遊びに来たら、食事も楽しみの一つでもありますよね!

今回スポットを当てるのは、ハワイのローカルフード「ポキ」。日本にあるハワイアンレストラン等でも、このポキをメニューに加えているお店もあるので、まだハワイを訪れたことがないという人でもこの名前を耳にした事もあるのでは。

この記事では、ハワイで美味しいポキが食べられるお店をまとめてみましたので、今後ハワイを訪れる際の参考になりましたら幸いです。

ポキってどんな食べ物?

普段、我々が言っている「ポキ」は、ハワイ語の「ポケ」を英語表記にしたもの。ハワイ語で「ポケ=切り身」を意味し、マグロ、カツオ、タコ、ムール貝などの魚介類の切り身に塩、醤油、香草野菜、油などを混ぜる料理のことです。

昔から、ハワイには生魚を食べる習慣があり、獲れたての魚に塩で味付けをし、海藻と一緒に食べられていました。

19世紀頃から、海外からの移民が持ち込んだ玉ねぎ、トマト調味料などが加わり、バリエーションが増えたことで、1970年代にはハワイを代表する料理となったのです。

この生魚等が使われた料理は、日本の鉄火丼や海鮮丼に通づることもあり、日本人観光客にも食べやすく人気のメニューなんです。ハワイを訪れたら、ぜひ本場の味をたっぷりと堪能してみましょう!

お腹も心も大満足!美味しいポキが食べられるお店

ハワイのローカルフードであるポキは、小洒落たレストランへ出向くことなく街の至る所で食べられるお手軽なもの。イートインスペースでゆっくりとポキを堪能することも出来ますし、お店によってはテイクアウトが可能な所もあるので、スケジュールに合わせて利用してみるといいですね。

MW Restaurant

ハワイの有名レストランから独立したウエオカ夫妻がオープンしたことで話題となった「エム・ダブリュー・レストラン」。ハワイのレストランを対象とした、2017年のHALE’AINA AWARDS(ハレアイナ賞)は、コース料理部門にて第2位に輝いた実力店です。


画像参照:http://www.hawaiiscoop.com/?p=17132

ハワイ産の新鮮な食材を使った創作料理を得意とし、メニューの中にはアジアンテイストを感じられるものもあります。


画像参照:http://mwrestaurant.com/

さすがはグルメ賞に入賞したレストラン。盛り付けもとても美しい! 食べやすいサイズにカットされたアヒ(マグロ)の上に、いくらやウニがふんだんに乗せられています。さらにクラッカーとハーブがアクセントとなり、視覚からも満足感がありますよね。

ポキのお値段は$24.00と少々お高めに感じますが、2~3人でシェアしてちょうど良いサイズとのことです。

MW Restaurant
【住所】1538 Kapiolani Blvd. Suite107 Honolulu, HI 96814
【TEL】(808) 955-6505
【URL】http://mwrestaurant.com/
【営業時間】ランチ 10:30-16:00、ディナー 16:00-22:00 土日はディナーのみ
【予算】約$24

Nico’s Pier 38


画像参照:http://www.mo-hawaii.com/category/gourmet/kubeshi/69212

こちらも、HALE’AINA AWARDS(ハレアイナ賞)に2012年から受賞し続けている、ハワイの有名店「ニコスピア 38」。お店の雰囲気の良さと、美味しいお料理でリピーターとなっている日本人観光客も多いようです。

フィッシュマーケットが併設されたお店で、新鮮で美味しい海の幸が使われた料理がウリ。とは言いつつも、ジューシーなお肉料理にアメリカらしいバーガーメニュー、そしてサラダやサンドウィッチなどの軽食メニューなど様々な料理が揃います。

何を食べようか迷ったら、まずここを目指してみるのもいいかもしれませんね。


画像参照:http://www.mo-hawaii.com/category/gourmet/kubeshi/69212

店内奥のショーケースには、マグロやサーモンなど様々な種類のポキがずらりと並びます。定番のアヒ(マグロ醤油)に、ふりかけサーモン、香草が使われたアヒ・リム、スパイスとソースで和えたスパイシー・アヒなど。

海外では、メニューに写真が付いていないことも多々ありますが、このように目の前で見て選べるのは安心ですよね!

ポキ・ボウルにする場合は、下のご飯は白米か玄米を選び、上のポキは3種類まで選べるので少しずつ色々味わってみたいという欲張りさんにも満足いくのではないでしょうか。

オーダーをして商品をけ取ったら、お隣のレストランフロアへ。お天気がいい日は、テラス席も開放感があっておすすめですよ!

Nico’s Pier 38
【住所】1129 N. Nimitz Highway Honolulu, HI 96817
【TEL】(808)-540-1377
【URL】http://nicospier38.com/
【営業時間】ブレックファスト 月~金 06:30-10:00、ランチ 10:00-16:00、ディナー 17:00-21:00
【予算】約$10(トッピングの場合は別途料金)

MAGURO BROTHERS


画像参照:https://ja.foursquare.com/v/maguro-brothers/540e152e498eadd8bebe32cc/photos

チャイナタウンのケカウリケマーケット内の一角にあるのが、「マグロブラザーズ」。アジアン食材を中心に、野菜や魚、肉などあらゆる食材を売るお店をずーっと奥に進むと、お目当てのマグロブラザーズが見えてきます。

築地市場で働いていた兄と、料理人の弟で始めた日本人兄弟によるお店です。ハワイで獲れた新鮮な魚を調理したポキやマグロ丼の美味しさが評判となり、日本のメディアで紹介されたことで、今では日本からの観光客が多くここに立ち寄っているそうです。

今までは、このケカウリケマーケット内で日中のみの営業でしたが、遅い時間でも新鮮な魚を食べてもらいたいというオーナーの意向で、2号店がワイキキにオープンしました。

つい観光に夢中になってしまって気づいたら夕方になっていたというときでも、アクセスの良いワイキキ中心部にお店があるので、とても便利ですよね。

 
画像参照:https://ja.foursquare.com/v/maguro-brothers/540e152e498eadd8bebe32cc/photos

ワサビ醤油ベースのハマチポキや、マグロの梅しそポキ、そして酢飯の上に中トロといくらがのった中トロマグロ丼withイクラなど日本人好みのメニューも揃っていますよ。

日本食が恋しくなったら、マグロブラザーズに足を運んでみましょう!

MAGURO BROTHERS
【住所】1039 Kekaulike St. Ste 113, Honolulu HI 96817
【TEL】(808)259-7100
【URL】https://ja-jp.facebook.com/magurobrothershawaii/
【営業時間】月~土 07:00-15:00、日 07:00-14:00、年始定休
【予算】約$8.5~12

MAGURO BROTHERS ワイキキ店
【住所】421 Lewers st. Honolulu, HI 96815
【TEL】(808)230-3470
【営業時間】火~土 17:30-21:00

Ono Seafood


画像参照:https://ja.foursquare.com/v/ono-seafood/4b902633f964a5209d7833e3

観光客だけではなく、地元の人々にも愛されているお店が、こちらの「オノ・シーフード」。ホノルルのグルメ通りともいわれているカパフル通りにあります。

ポキの具の種類は、アヒとタコのみ。これに、醤油、味噌、わさび、ハワイアン、スパイシーの5種類の味付けが選べます。このシンプルなメニューの選びやすさが、地元の人々にも受けているのかもしれませんね。

 
画像参照:画像参照:https://ja.foursquare.com/v/ono-seafood/4b902633f964a5209d7833e3

丼にする場合は、白米か玄米をチョイスすることができ、50セントの追加料金でポキを2種類のせられるとのこと。また、店内の冷蔵庫内には、ちょっとしたお惣菜類などがたくさん並んでいるので、ハワイの味を少しずつ楽しむといったこともできますよ。

お店の造りはとてもコンパクトなので、イートインよりもテイクアウトをおすすめします。

店名
【住所】747 Kapahulu Ave. APT4 Honolulu, HI 96816
【TEL】 (808) 732-4806
【営業時間】月水木金9:00-18:00、日10:00-15:00
【予算】約$8.00~

Island Vintage Coffee


画像参照:https://www.islandvintagecoffee.com/pages/location

B級グルメのイメージが強いポキですが、小洒落た雰囲気のものが食べたい!という人におすすめなのが、「アイランド・ヴィンテージ・コーヒー」。近年、表参道やお台場などにも進出しているので、見かけたことがあるという人もいらっしゃるかもしれませんね。

もともとは、ワイキキ、アラモアナ、ハレイワ、コオリナなどの主要エリアにあるコナ・コーヒーのお店なのですが、海外セレブや日本の有名人などが、こちらのアサイーボウルを絶賛していたことで話題となりました。


https://ja.foursquare.com/v/island-vintage-coffee/4b7b7a54f964a520f9642fe3/photos

ポキは、なんともSNS映えしそうなお洒落なプレート。近海のマグロやサーモンを使った新鮮なポキ丼。日本人に馴染みのある醤油ベースのものから、スパイシーなものまで6種類の味から選べます。ご飯は、白米と健康志向の人にも嬉しいもち米入り雑穀米の2種から。

他にもハワイ産のトロピカルフルーツがふんだんに使われたスムージーや、純度100%の味わい深いコナ・コーヒーもお試しあれ!

アクセスも、主要ショッピングモール内にあるので、お買い物休憩で立ち寄れる便利さもGoodですよね。

Island Vintage Coffee ロイヤルハワイアンセンター内
【住所】2301 Kalakaua Avenue #C215 Honolulu HI96815
【TEL】(808)926-5662
【URL】https://www.islandvintagecoffee.com/
【営業時間】06:00-15:00 L.O
【予算】約$15

Island Vintage Coffee アラモアナセンター内
【住所】1450 Ala Moana Boulevard #1128 Honolulu
【TEL】 (808)941-9300
【営業時間】08:00-21:00 日曜のみ ~19:00まで

オアフ島では他にもコオリナ店、ハレイワ店。マウイ島のホエラーズヴィレッジ内に店舗があります。

Fresh Catch


画像参照:http://www.freshcatch808.com/contact-us/

新鮮な魚がウリの「フレッシュ キャッチ」。店内に入ると、大きなショーケースがまず目に留まります。このケースの中には、マグロ、タコ、サーモン、エビなど常時15種類のポキが並んでいるのだとか。4、5種類のポキを扱うお店が多い中、15種類あるというのはかなり品揃え良いというのが伺えますよね。

ポキの値段は時価にもよりますが、一番小さなサイズでポキ1種類にご飯を1スクープしたもので約$4。元フレンチレストランのシェフが調理していて、アメリカのグルメ番組でも絶賛されたこともあるそうなので、それでこのお値段はお得すぎますよね!

 

昼前にもなると、地元の人たちやグルメな観光客が行列を作り始めるので、並ぶのが好きではないという人は、早めに出かけるといいでしょう。

店内には、そこそこのスペースがあるのでゆっくり食べていってもいいですし、テイクアウトしてビーチや公園でワイワイ食べるも楽しそうです。ここのポキが食べたくなったら、ワイキキ・ワイアラエ通りのタコの看板を目指して!

Fresh Catch  Kaimuki
【住所】3109 Waialae Ave. Honolulu, HI 96816
【TEL】(808)- 735-7653
【URL】http://www.freshcatch808.com/
【営業時間】月~土 10:00-19:30 日 10:00-17:00
【予算】約$4~15

Fresh Catch Kaneohe
【住所】Phone-Order Drive Thru Pickup Window Open 45-1118 Kamehameha Hwy Kaneohe, HI 96744
【TEL】(808)-235-7653
【営業時間】カイムキ店と同じ

COCO COVE


画像参照:https://ja.foursquare.com/v/coco-cove/4e3f03a48877b00cfc5c9317/photos

レストランが混みすぎていて並ぶのを断念したときや、ちょっと小腹が空いてホテルの部屋食用に何か欲しい時。そんな時に思い出してほしいのが、便利なコンビニエンス・ストアの「ココ・コーブ」。

近年、日本のコンビニご飯は美味しいと評判ですが、海外のコンビニはどうなの?と疑心暗鬼な人もいるかと思いますが、ココ・コーブのデリコーナーには、美味しいものがたくさん揃っているんですよ!

スープにサラダ、サンドウィッチなどの軽食をはじめ、ボリューミーなお惣菜にスイーツ。そして日本人観光客が多いことからお寿司も用意されています。もちろん、ハワイの定番食であるポキもありますよ。


画像参照:https://ja.foursquare.com/v/coco-cove/4e3f03a48877b00cfc5c9317/photos

デリコーナーは衛生的で、ディスプレイも綺麗にされているので、ついつい買いすぎてしまいそうですね! メニューは、朝・晩とで内容が変わるということなので、飽きることがなく、レストラン等に行くことにこだわらないという人は、連日通えそうなくらいです。

COCO COVE
【住所】2284 Kalakaua Ave., Ste 101  Honolulu, HI 96815
【TEL】(808)-924-6677
【営業時間】06:30-23:30(デリコーナーは22:30まで)
【予算】ポキ1種類$7.49、2種類10.49

Hawaii’s Favorite Kitchens


画像参照:https://ja.foursquare.com/v/hawaiis-favorite-kitchens/54209d41498e0b63fbe03f40/photos

ワイキキビーチや、ホノルル動物園方面へ遊びに行く人に便利なのが、カパフル通り沿いレインボードライブインにある「ハワイズ フェイバリット キッチン」。

ボリューミーなプレートランチがお手軽に食べられるということで、地元の人々に愛されてきたレインボードライブイン。日系の夫妻により1961年から創業されていましたが、ポキ丼は販売していないのか?というお客様の要望に応えてお店をもうひとつ作ってしまったからスゴイ! 元大統領のオバマ氏が、アメリカの新聞で大好きなお店のひとつとして紹介したこともあるそうです。

 
画像参照:https://ja.foursquare.com/v/hawaiis-favorite-kitchens/54209d41498e0b63fbe03f40/photos

ポキの種類は、ショーケースにずらりと並んでいますよ。定番の醤油やスパイシー等の他にも、ゴマ入りやクリームを和えたものもあり、どれもこれも美味しそうで迷ってしまいそう!

ポキ丼はもちろんのこと、隣の建物に移動すれば大人気のロコモコ丼やふりふりチキンもあるので、ハワイの定番メニューを制覇したい食いしん坊さんは、ぜひ立ち寄ってみてくださいね。

Hawaii’s Favorite Kitchens
【住所】3111 Castle Street, Kapahulu
【TEL】(808) -744-0465
【URL】http://hawaiisfavoritekitchens.com/
【営業時間】10:00-19:00
【予算】ポキ1種類$10.95、2種類$12.95

さいごに

ハワイでは、美味しい食べ物がたくさんあって日々何を食べようかと嬉しい悩みが尽きませんよね。アメリカらしいボリューミーな肉料理も魅力的ですが、さすがに毎日は胃腸も疲れてしまいそうです。

そんな時には、あっさりとしたポキをお試しあれ! かしこまったレストランへ行かずとしても、ショッピングモール内やコンビニのものでもクオリティが高く、お値段もお手頃なのでおすすめですよ。

もしどうしても和食を…という場合にはこちらの記事も参考に、あっさりした食事でお腹を休めてあげてくださいね。

【人気記事】格安旅行並みの価格なのにハイグレードホテルに泊まれる、夢のようなツアーとは?

\ SNSでシェアしよう! /

ハワイ旅行のことならハワイツアーズの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ハワイ旅行のことならハワイツアーズの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • 【ハワイ旅行記】ハワイに来たら「海を眺めながら食事」もおすすめ!それができるレストラン、ハウツリーラナイ

  • 【ハワイ旅行記】カパフルアベニューのオノ・ハワイアン・フードのマイ・ベスト3

  • 【ハワイ旅行記】フィリピン生まれの大人気スイーツ、ハロハロを食べ比べしてきました!

  • ハワイでセンスの良いお土産を選ぶならコレ。今、売れに売れてる人気商品13選をご紹介!

  • ハワイはアイスの最先端!?食べなきゃ損な人気アイス店13選!!

  • ハワイのマラサダの王者!!不動の人気を誇る名店、レナーズを大紹介!