1. TOP
  2. レジャー・リゾート
  3. 【ハワイ旅行記】早朝のダイヤモンドヘッド登山はここに気をつけて!

【ハワイ旅行記】早朝のダイヤモンドヘッド登山はここに気をつけて!

 2016/09/02 レジャー・リゾート
この記事は約 3 分で読めます。 494 Views

ダイヤモンドヘッドの登山にこれは必須!

早起きを頑張って、ホテルを5時半くらいに出発。JALパックのトロリーに乗り込んでダイヤモンドヘッド登山口へ向かいました。朝はすこし肌寒いので、半袖の上に薄手のパーカーを羽織ってちょうど良いくらいでした。出発時は暗くても下山時は日が照り始めるので日焼け対策は忘れずに。また汗をかくのでタオルの準備も必須です。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ワイキキ中心部のホテルからダイヤモンドヘッドの登山口まで25分くらいで到着。受付で一人1ドルの入山料を払い頂上へ向けてハイキング開始。早朝でもチラホラと登山客がいますが、日の出前は周囲は暗いので女性一人だと少し怖いかもしれません。スマホの懐中電灯アプリなどあると便利です。

ダイヤモンドヘッドの頂上まで1時間かかりません!でも靴はしっかり準備を!

平均的な所要時間は片道およそ40分くらいとの事ですが、早い方ですと30分かからず頂上へ到着するそうです。普段、運動習慣が全くない私は平均通り40分で頂上にたどり着きました。登山コースは最初は傾斜も緩やかでどんどん進めますが、頂上に近づくにつれ、坂も急になっていきます。

場所によっては地面が滑りやすくなっていますので、履物はスニーカーなど運動に適した靴がマストです(途中で知り合った地元の方はサンダルで登っていましたが、日本人観光客でサンダルやミュールを履いている方は皆さん足が痛そうでした)。

最後の階段がかなりしんどい

比較的登りやすい山で途中までスイスイ登れますが、頂上手前で難所が待ち構えています。およそ70段の階段、そこからトンネルを抜けての99段の階段です。最初の階段を登り切り、少し息が上がった所でトンネルに突入します。トンネル内は狭く、照明もやや暗めになっていますので足元に気を付けて登りましょう。

運動不足な私はトンネル内の空気が薄いように感じました。ここからさらに99段の階段が・・・と思いましたが、迂回路が脇道から出ており、今回はそちらに逃げました。迂回路に向かうベンチでは一休みしている方も多く、私も明るくなった景色を眺めて一休みしました。頂上の展望台までは緩やかな階段が伸びており、踊り場もあるのでそこから景色を楽しんだり、写真を撮っている方も多かったです。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ビーチだけがハワイじゃない!って感じられます

頂上の展望台は既に日の出を楽しむ人であふれ返っていました。海から上がる朝日を見るとそれまでの疲れは一気に吹き飛びます。また山頂なので風も爽やかに吹き抜けて気持ち良いです。薄曇りだったので朝日は雲の隙間から、という感じでしたが十分美しい景色でした。ハワイでのアクティビティはビーチサイドというイメージが強かったのですが、ダイヤモンドヘッドに登ってみて、「またこの景色を見に帰って来よう」と思いました。

ハワイに行ったらダイヤモンドヘッドも是非立ち寄ってほしいと思います。

【人気記事】格安旅行並みの価格なのにハイグレードホテルに泊まれる、夢のようなツアーとは?

【関連記事】ダイヤモンドヘッドへの行き方、登る時の注意点をもっと詳しく!

旅行記ご提供者の情報

【投稿者】H.S さん
【ご年齢】30代前半 女性
【行った時期】2015年の冬ごろ
【行った人数・期間・旅費概算】2人で4泊 一人あたり約30万円

\ SNSでシェアしよう! /

ハワイ旅行のことならハワイツアーズの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ハワイ旅行のことならハワイツアーズの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • 【ハワイ旅行記】自然保護区の「ハナウマ湾」。その美しさに感動!

  • 【宿泊不要!!】ハワイのアウラニ・ディズニー・リゾート&スパをビジターとして楽しむ方法!!

  • 見て超感激!体験して大感動!ハワイ島でやってみたいオプショナルツアー10選

  • 絶対外せない!厳選ハワイ・オアフ島おすすめのオプショナルツアー10選

  • 子供も大人も大はしゃぎ!家族でのハワイ旅行にぴったりの人気スポットはここ!

  • 子ども連れに優しいサービスがいっぱい!ハワイの人気動物園「ホノルル動物園」ってどんなところ?