1. TOP
  2. 特集
  3. 日焼け止めは現地購入がベスト!!ロコも愛用するハワイのおすすめ日焼け止め6選

日焼け止めは現地購入がベスト!!ロコも愛用するハワイのおすすめ日焼け止め6選

 2016/10/12 特集
この記事は約 10 分で読めます。 32,377 Views

ハワイの日差し・紫外線の強さは日本の比ではありません!”郷に入っては郷に従え”現地の気候にあった日焼け止めを買うことは、ハワイの強い日差しから肌を守る有効な手段です。

ハワイで日焼け止めを入手するのはとても簡単。さらに、お手頃な価格で大容量、たっぷりと使うことができるロコも愛用するハワイのおすすめ日焼け止めと日焼け防止に便利な商品をご紹介します。

ハワイでの日焼け止めの選び方とポイント

SPFとPAの意味

・SPF…赤みや腫れ、シミそばかすの原因となるUV-B(紫外線B波)を何分間防ぐことができるのかを示した数値です。SPF 1 あたり25分で換算するのが基本ですが、紫外線の強さによってその効果は短くなります。

・PA…シワやたるみの原因となるUV-A(紫外線A波)を防ぐ力の大きさを示した数値です。+~++++があり、+が多いほど高い効果があることを表示しています。

日焼け止めの選び方

ハワイの紫外線の強さは日本の約6倍とも言われており、日本で購入できるSPF最大値はSPF 50 にもかかわらず、ハワイではSPF 100 の日焼け止めも販売されています。どれだけハワイの日差しが強いのか、日本の日焼け止めでは歯が立たないと言うことがわかりますよね。

ハワイの気候にあった強さの日焼け止めを使わないと、どれだけ一生懸命塗っても意味がありません。ハワイの日差しの強さに見合った日焼け止めを購入し、適切に使用して肌をしっかりと守りましょう!

ハワイで日焼け止めを使う時には、ちょっとした外出でもSPF 50 以上のものを、外での観光ならSPF 70 以上、海水浴などではSPF 90 以上、UV-AとUV-Bの両方を防ぐZINC(紫外線散乱剤)が配合されたものを選ぶことが望ましいです。

日焼け止めの使い方とポイント

帽子やサングラスで紫外線を防ぐことのできる顔にはSPF 50、常に露出している腕や足にはSPF 100 を塗り、2〜3時間おきに塗り直すことがポイント!SPF 50 と 100 を使い分け、朝の準備、お昼ご飯、ティータイムなど”休憩時間ごとに塗り直す”のような感覚でいるといいでしょう。

ハワイおすすめ日焼け止め6選

John Masters Organics ジョンマスター

ジョンマスターのオーガニック日焼け止めナチュラルミネラルサンスクリーンは、UV-AとUV-Bの両方をしっかりとカットし、軽いつけ心地で人気の商品。アンチエイジングの美容成分も配合しているので、化粧下地としても使いことができる便利な日焼け止めです。

容量:59ml
参考価格:32ドル

Alba Botanica アルバボタニカ

batch_e58699e79c9f-f9cba画像参照:http://iherbmama.seesaa.net/

アルバボタニカのオーガニック日焼け止めハワイアンサンスクリーンは、アロエベラやカミツレ花エキス、ラベンダー花エキスなど、ハワイのフルーツや花々から抽出した成分をふんだんに使った、ビタミン・ミネラル豊富な保湿効果の高い日焼け止めです。ほのかに香るトロピカルな香りが人気の秘訣!

容量:113g
参考価格:8.45ドル

BANANA BOOAT SPORT バナナボートスポーツ

batch_img_35771-1024x683画像参照:http://momluck.com/

アメリカでは最もポピュラーな日焼け止めです。大容量で価格もお手頃!子供用、敏感肌用、スプレータイプなどバリエーショのも多く、どこのショッピンげセンターやドラッグストアでも売っているので入手もしやすい商品です。

容量:236ml
参考価格:6.48ドル

Neutrogena ニュートロジーナ

batch_16591632354_7473f1fd15_z画像参照:http://www.eileenloves.com/

日本でもお馴染みのニュートロジーナの日焼け止めウルトラシアーは、アメリカの皮膚科医も推奨するNo. 1ブランドの日焼け止めです。白く色残りもしにくく、オイルフリーなので使用後のテカリも気になりません。水や汗に強いウォータープルーフで海などで遊ぶ機会の多いハワイとの相性も抜群!

容量:88ml
参考価格:16.97ドル

Coppertone コパトーン

Coppertone 画像参照:http://www.coppertone.com.br/

アメリカ発祥の世界でも愛される老舗日焼け止めブランド・コパトーン。こちらも日本でもお馴染みのものですね。汗や水に強く、強力に紫外線をカットしてくれます。子供用のSPFの高いものをラインナップしており、敏感肌の方でも比較的安心して使える商品です。

容量:237ml
参考価格:9.87ドル

HAWAIIAN Tropic ハワイアントロピック

batch_img_2123画像参照:https://mayuhawaii.com/tag/granola/

ハワイで人気No. 1の日焼け止めハワイアントロピック!ハワイのどのスーパに入っても置いてある定番の日焼け止めです。バリエーションも多く、最大12時間も紫外線をカットできる耐久性が人気の秘訣。中でも、ハワイらしいココナッツとパパイヤの香りとラメの入ったタイプの日焼け止めは、おしゃれ感もあり、肌がキレイに見えると女性に一番人気の商品です。

容量:236ml
参考価格:7.09ドル

日焼け止めじゃないけど便利なグッズ

Sunburn alert サンバーンアラート

batch_fef275e79f986e84d8816905f2bc35b8画像参照:http://www.pinterest.com

UV-AとUV-Bを感知してサンバーンアラートの色が変わり、日焼け止めの塗り直しのタイミングを知らせてくれるという優れものです。シールタイプやバンドタイプのものがあります。

容量:24枚または 6個入り
参考価格:5.45ドル

日焼けあとのスキンケア

どれだけ日焼け止めをしっかりと塗っていても多少は日焼けすることもあります。また塗り忘れた箇所や日焼け止めが衣服と擦れて落ちやすい場所などは日焼けしてしまうかもしれません。

そんな時はとにかく肌を冷やしてあげましょう!冷やすといっても氷などでは冷たすぎるので、濡れタオルを軽く絞って日焼けした場所に当てておくので十分です。そして肌の水分が抜けているため化粧水などをたっぷりと肌につけて保湿してあげてください。

以下のようなケア用品もあるので使うのもよいですね。

Nutiva ヌティバ オーガニックココナッツオイル

batch_coconutoil画像参照:http://www.alittleumbrella.com/

料理はもちろん、マッサージやボディオイルとして使用されるココナッツオイルは、肌を保湿・保護し、肌荒れや炎症を抑えることができます。

また、微量ですが紫外線を(約20%)カットすることもできるので、唇の日焼けどめとしてリップ代わりに、強い日差しでダメージを受けた髪のトリートメントとしても利用できる万能アイテムです。

容量:397g
参考価格:12.90ドル

Waikiki Aloe ワイキキアロエ

batch_20101015_681654画像参照:http://blog.as-gallery.com/

アロエ成分を凝縮して作られたアフタージェルで、軽いやけどや・炎症ケアに使用することができます。香料や着色料を使っていないので、敏感肌やお子様でも安心して使用することができます。

容量:277g
参考価格:14.99ドル

HAWAHAN BLEND ハワイアンブレンド

ハワイブランドのアロエ100%のスキンケアジェルです。 保湿力の高いココナッツオイル入りのローションは小麦肌を作りたい人におすすめ!100%アロエでできているのでやお子様でも安心して使用することができます。パッケージもハワイアンテイストでおしゃれでお手頃な価格も嬉しい商品。旅のお土産としても最適です!

容量:237ml
参考価格:3.73ドル

スパでケア

wellness-285587_640

ハワイには日焼けをした肌をクーリングダウンさせてくれるようなスパもたくさんありますから、そういったところで贅沢に肌ケアをしつつ、リラックスするのもハワイの楽しみ方。

ワイキキにはスパはたくさんありますので下記の記事でお気に入り、行きたいところを探してみてはいかがでしょうか?

【関連記事】ワタシの女子度をUPさせるハワイ「スパの魔法にかけられて」おすすめサロン10選

日焼け止めも落とせるオーガニック石けん

DR.BRONNR’S ドクターブロナー

batch_dr-bronners-soap画像参照:http://sarahwhat.com/

アメリカのセレブやモデルも御用達の100%天然成分でできたマジックソープは、毛穴の黒ずみやメイク、日焼け止めもさっぱりと落とすことができるクレンジング不要なオールインワンソープ(固形石けん)です。

これ1つでメイク落としから洗顔、日焼け止めをたっぷりと塗ったボディまで、全身丸ごと洗うことができちゃう優れもの!

成分にはホホバオイルやオリーブ油、ヤシ油が使用されているので、紫外線を浴びた肌をツッパリもなくしっとりと優しく洗いあげます。香りづけにはアロマ精油を使っているので、日焼けによる炎症などの肌のダメージを和らげるなどのスキンケア効果や、アロマによるリラックス効果で旅の疲れを癒してくれます。

ラベンダーやローズ、ペパーミント、ベビーマイルド(無香料)のものなど11種類のフレグランスが用意されているので、色々な香りを楽しむこともできます。値段も5ドルとお手頃な価格で、お土産としてとても人気のある商品です。

容量:140g
参考価格:5.00ドル

購入できる場所

batch_hi299画像参照:http://amy-usa.blog.so-net.ne.jp/

  • Neo Plaza ネオプラザ
  • ABCストア
  • Walmart ウォルマート
  • Longs Drug ロングス ドラッグ
  • Whole Foods Market ホールフーズマーケット
  • Big Wave Dave ビックウェーブデイブ
  • Sports Authority Sporting Goods スポーツオーソリティスポーツグッズ

日焼け対策についての注意点

日焼け止めを塗るのはもちろん重要ですが、それだけではまだ完全ではありません。日焼けをしっかりと防ぐために以下についても注意しておきましょう。

■海に行くならラッシュガード
これは絶対に忘れないでください。とくにシュノーケリングなどをしていると、体の後ろ半分が直射日光をダイレクトに浴びますので日焼け止めだけでなくラッシュガードでも紫外線をガードしましょう。

■日焼け止めの塗り漏れをなくす
露出しやすい部分は日焼け止めをしっかり塗ると思いますが、忘れやすい場所としては耳、サンダルを履く足、洋服を着ている時のデコルテやハーフパンツを履く男性が忘れやすい大腿部。特に髪の毛が短く耳が露出している方は気をつけましょう。

■唇の保護を忘れずに
そして唇も忘れやすいのですが、普通の日焼け止めでは唇に塗るのがちょっと抵抗ありますよね。なので日焼け止め効果のあるリップクリームを現地で購入して使うことをオススメします。

■日傘ではなく帽子を
日本では日傘を紫外線対策に使うのは一般的ですが、ハワイで日傘を使っている人はほぼいません。いたら逆に「旅行慣れしてない観光客」を晒してしまい、スリなどのターゲットにされやすくなりますから注意しましょう。日傘ではなく帽子を使ってください。

まとめ

海外製品だから日本人の肌に合わないなんてことは、もう昔の話。

筆者は日本の敏感肌用の日焼け止めを使っても、すぐに吹き出物ができて肌が荒れてしまうのですが、ハワイのオーガニック日焼け止めは全く問題がありませんでした。つけ心地や香りも良く、とても使い勝手が良かったのでまとめ買いをして帰ったくらいおすすめの商品です。

今では赤ちゃんにも使える日焼け止めがたくさん売られていますので、気候にあった日焼け止めを現地で上手にお得に買って、賢く荷物を減らしちゃいましょう!

【人気記事】大人気のアウラニ・ディズニー・リゾートに20~30%オフで安く泊まれる裏ワザとは?

\ SNSでシェアしよう! /

ハワイ旅行のことならハワイツアーズの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ハワイ旅行のことならハワイツアーズの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • 【ハワイ旅行記】オアフ島も良いけど、ハワイ島は日本を忘れて旅行したい人におすすめ!最高でした!

  • 免許や保険、予約はどうすればいい?初めてでも怖くない!お得で便利なハワイレンタカーのおすすめな使い方徹底ガイド!

  • ハワイ旅行に行っても大丈夫?キラウエア火山の噴火でハワイ旅行への影響は?

  • ハワイの雨季は何月!?雨季の時期と降水量について

  • 2018年上半期!テレビで紹介された”おしゃれ芸能人がおすすめする”最新のハワイスポット特集

  • これさえ読めば安心!ハワイの入国審査をスムーズに終えるために知っておくべきこと!!