1. TOP
  2. レジャー・リゾート
  3. ハワイ1の絶景?ハワイの大自然に触れたいならココ!!ダイヤモンドヘッドへの行き方から魅力までを大紹介!

ハワイ1の絶景?ハワイの大自然に触れたいならココ!!ダイヤモンドヘッドへの行き方から魅力までを大紹介!

 2016/09/24 レジャー・リゾート
この記事は約 5 分で読めます。 291 Views

オアフ島のシンボルといえば、ダイヤモンドヘッド!!ハワイに行ったら必ず登りたい山です!

ハワイというと海でのアクティビティーにショッピング、グルメに目が行きがちですが、ハワイ1の絶景を見るために滞在の一日を登山に充ててみたくはないですか?

そこで今回は、ハワイに行ったら絶対に登ってほしいダイヤモンドヘッドについて、初めての人でも迷わないように基本情報を紹介していきます!

ダイヤモンドヘッドとは

waikiki-beach-581102__340
ダイヤモンドヘッドヘッドはハワイ、オアフ島に聳え立つまさにシンボル的存在です。現在では多くの観光客が登山を楽しむと共に、周辺ではファーストフードマーケットなどが開催され日々賑わっていますが、かつては噴火を繰り返していた火山でもあったのです。

ダイヤモンドヘッドが最後に噴火したのは約30万年前とされ、現在では死火山とされていますが、それでも中央付近にあるクレーターなどは当時の荒々しい噴火の様子を感じさせてくれます。

頂上への道の途中には米軍の沿岸防衛設備の一部や砲撃統制所、観察所など軍事施設の建築物の跡もあり、自然だけではなく歴史も感じることができます。

ダイヤモンドヘッドへの行き方

tram-1547079_960_720
ダイヤモンドヘッドに行くにはバスを使うのが一般的です。

一番簡単なのはクヒオ通りから23番のバスに乗ることです。そうすると登山口から15分ほどの距離にあるダイヤモンドヘッドクレーターの外側に到着します。ただ23番のバスは30分に一本程度しか運航しておらず、待ち時間が生じてしまう可能性があります。

時間を有効に使いたいという方は、2番のバスを利用しましょう!こちらは15分から20分に一本程度運航しており、KCC(カピオラニ・コミュニティ・カレッジ)で降りると徒歩20分ほどで登山口まで行くことができます。

いずれのバスもダイヤモンドヘッド付近になるとドライバーが知らせてくれるので、バスに乗りなれていない人でも乗り過ごすことはないでしょう!

旅行会社のツアーに参加をしている場合は旅行会社が運航しているトロリーバスを無料で利用できるので、それを利用しましょう。こちらですと登山口の正面までバスで行けるので登山前に体力を温存することができます。

持ち物と服装

hiking-1149891__340
まず水は必ず持っていきましょう。登山口付近の駐車場スペースにて、飲みものと軽食は販売されていますが、一度登山道に入ると水を購入できる場所はありません。また登山道は日影が少ないので、日焼け止めクリームや帽子、サングラスなどを持っていくといいでしょう。

服装は動きやすいものであれば何でもOKです!道も険しくなく登山というよりはハイキングといった感じなので、そこまで服装に気を遣う必要はありません。ただし道には小石が多いためスニーカーを履いていくようにしましょう。

観光客の中にはサンダルで登山をしている人もいるので、絶対ではないですが安全に登山を楽しむにはスニーカーは必須です!

ダイヤモンドヘッドの入山料

img_6477
ダイヤモンドヘッドの入山料は一人1日1ドルで、年間パスが10ドルです。登山口で支払って黄色いチケットをしっかりともらいましょう!

登るのは大変?

img_6483
全体的に緩やかな勾配ですので、登るのはそこまで大変ではありあません。頂上までもわずか45分程度ですので、体力的にも問題ないでしょう。

しかし、ところどころに50段を超える階段が出没するので、ちょっとここで苦戦をする人もいるようです。ただ、迂回経路も用意をしてあるので、自分の体力に見合ったコースを選ぶようにしましょう!

特に気温が高い日などは、少しつらい登山になるかもしれません。しかし少しずつ標高が高くなるにつれて見えてくる景色が変わっていきます。その景色を楽しみながら足を進めていくと疲れなんて忘れてしまいますし、アッという間に頂上までたどり着いてしまうことでしょう!

頂上からの景色

img_6501
ダイヤモンドヘッドの頂上からは、ワイキキトロリーの海岸線が一望できます。この景色はハワイの広告やテレビでもよく使われている、まさにハワイの定番景色!美しいワイキキビーチのグラデーションも堪能できます。

また、カハラ地区やワイカイエリアまで、オアフ島を一望することができます。オアフ島を360度見渡せるこの展望台では風も大変気持ちがよく、思わず長時間ゆっくりしてしまいたくなります。

またここから見る夕日はまさに絶景です。ワイキキビーチが赤く染まる様子を眺めるには最高のスポットなのです。時間を変えて複数回登ってみると、よりダイヤモンドヘッドの魅力を満喫することができるでしょう。

なおダイヤモンドヘッド以外にも夕日や星空がキレイな場所はたくさんありますので、どうしても登山がニガテ、他の場所も見てみたいという方はこちらの記事もお読みください。

日の出を見たい場合は?

ハワイの日の入りは、夏だと6時前後、冬だと7時前後です。ダイヤモンドヘッドの開門時間は午前6時ですので、日の出を見たいのであれば、冬場が狙い目です。しかし、その場合もゆっくり上っていると日の出に間に合わなくなってしまうので、開門と同時に登山を開始する必要があります。

その際の交通手段ですが、早朝は市バスが走っていないのでレンタカーかタクシーを使う必要があります。もしくはツアーに参加をしてしまうのがいいでしょう。たまに徒歩で行こうとする人がいますが、薄暗いうちは治安もあまりよくないので控えましょう。

日の出を見るために早朝であっても多くの観光客であふれています。ですので、レンタカーで向かう人は駐車場の確保などのために早めにダイヤモンドヘッドに向かうようにしましょう。また、早朝のダイヤモンドヘッドは冷えます。防寒をしっかりして行くようにしましょう!

最後に

いかがでしょうか?ショッピングやグルメが充実しているオアフ島ですが、ここでは大自然にも触れることができるのです!そして、海だけではなくハワイの異なった一面を楽しむことができます!

ダイヤモンドヘッドは誰もが納得するハワイ1の絶景スポットです!ぜひ、カメラをもって頂上を目指しましょう!

【人気記事】格安旅行並みの価格なのにハイグレードホテルに泊まれる、夢のようなツアーとは?

\ SNSでシェアしよう! /

ハワイ旅行のことならハワイツアーズの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ハワイ旅行のことならハワイツアーズの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • オプショナルツアーは選び方次第で忘れられない思い出に。ハワイの人気アクティビティ10選

  • 【MAP付】ハワイでダイビングをするならオアフ島がおすすめ!その魅力とダイビングポイントについて

  • 馬と呼吸を合わせて~ハワイの大自然の中で乗馬体験をしてみよう!

  • 【ハワイ旅行記】ワイキキの夜空を彩る、ヒルトンの花火は週1回だけ!

  • ハワイ・ホノルルで非日常な体験を!射撃ってこんなにエキサイティングなアクティビティなんです!

  • 【ハワイ旅行記】おすすめオプショナルツアー、夢見心地の15分間!ドルフィンクエストでイルカと触れ合いタイム!