1. TOP
  2. レジャー・リゾート
  3. 子ども連れに優しいサービスがいっぱい!ハワイの人気動物園「ホノルル動物園」ってどんなところ?

子ども連れに優しいサービスがいっぱい!ハワイの人気動物園「ホノルル動物園」ってどんなところ?

 2019/02/09 レジャー・リゾート
この記事は約 7 分で読めます。 104 Views

カップルや友達との旅行だけでなく、子どもを連れたハワイ家族旅行者にはぜひ訪れてほしい穴場観光スポット”ホノルル動物園”

「ハワイに来てまで動物園!?」と驚かれるかもしれませんが、ハワイ滞在中には天候が悪くて遠くへ観光に行けないときや海で遊べないときもあるので、いざという時のために知っておいて損はないスポットです。

ワイキキの隠れた人気スポット”子ども連れに優しいサービスがいっぱい!ハワイの人気動物園「ホノルル動物園」”についてご紹介します。

ホノルル動物園ってどんなところ?

ホノルル動物園は、ワイキキビーチから東へ約15分ほど歩いたところにある、カピオラニ公園の中に1947年にオープンした、地元の人々に愛されるローカルな動物園です。

ホノルル動物園の面積は、上野動物園とほぼ同じ広さ42エーカー(0.17k㎡)あり、広々とした敷地内には、ワニやゾウ、フラミンゴ、オラウンウータンなど、220種類の動物たちがゆったりと暮らしています。

View this post on Instagram

#ハワイ#ホノルル動物園#27℃ 暑い、、

A post shared by MIKI (@mi__ki__0211) on

中でも一番人気のエリアは「アフリカンサバンナ」で、まるでアフリカのサバンナにいるような雰囲気を味わえるエリアです。

ハワイにしか生息していない固有種の鳥たちや絶滅危惧種のハワイの州鳥「ハワイアングース(Nene)」を見ることができます。

ハワイアングース(Nene)は、ハワイでも現在2,000羽ほどしかいない、絶滅危惧種に指定された貴重な鳥です。

ハワイ島でもなかなか出会うことができない、貴重なハワイアングース(Nene)が見られるホノルル動物園は、世界中から訪れる観光客の人気スポットにもなっています。

ホノルル動物園の行き方と入園料

入場料・園内情報

入園料 大人(13才以上)19ドル
子ども(3-12才)11ドル
2才以下は無料
レンタル あり
(ベビーカー、車イス)
所要時間 1時間〜2時間

※入場料はクレジットカード(Visa、JCB、master)支払いが使えますが、園内は現金支払いです。

アクセス情報

住所 151 Kapahulu Ave. Honolulu HI 96815
TEL (808)971-7171
営業時間 9:00〜16:30
※子ども向けパーク『ケイキ・ズー』は16:00までの営業。
定休日 クリスマス(12/24.25)
駐車場 あり
(1)有料パーキング:1時間 1ドル/利用上限 4時間(現金・クレジットカード可)。
(2)無料パーキング:モンサラット通り向かい側のワイキキシェル駐車場を利用。

公式サイト:https://honoluluzoo.org/

バスでの行き方

ワイキキからバスでホノルル動物園に行くには、クヒオ通りの海側のバス停から2番、8番、13番、19番、20番、22番、42番のザ・バスに乗って約5分、カラカウア通りとカパフル通りの交差点近くで下車します。

あわせて読んでおきたい”ザ・バスの乗り方”についてはこちら↓

年配者や子ども連れに優しいサービスがいっぱい!

ホノルル動物園では、小さな子どもたちが子ブタやヤギ、ニワトリなどの小動物たちと触れあうことのできる「ケイキ・ズー(子ども動物園)」や、幼児から小学生までが遊ぶこのできるアスレチックなどの遊具が設けられたプレイグラウンドもあるので、子どもたちも大喜び!

広い園内にはたくさんのベンチや芝生の広場があり、ダイヤモンドヘッドを望みながら、のんびり過ごせるスペースやアスレチックなどの施設も充実しています。

ケイキ・ズーの近くには、飲み物や軽食を販売しているコーナーもあるので、おもいっきり遊んでも安心です♪

また、ホノルル動物園では、車イスや介助犬の同伴での入場もOK!

入口のすぐ左手にあるギフトショップでは、ベビーカーや車イスのレンタルができるので、おじいちゃんも、おばあちゃんも、小さな子どもも、みんなが安心して動物園を楽しめるサービスがいっぱい!

園内のトイレには、オムツ交換台が設置されているので、赤ちゃんとの一緒のおでかけにも安心です。

レンタル料金
ベビーカー(シングル) 7ドル
ベビーカー(ダブル) 10ドル
車イス 10ドル

※レンタルには、ベビーカー(現金10ドル)、車イス(クレジットカード10ドル)のデポジットが必要です。

最後はお土産を買って大満足!

入り口ゲートの横にあるショップでは、マグカップやTシャツ、キーホルダーなどのホノルル動物園限定のグッズやお土産を販売しています。

また、10セント硬貨に刻印する記念コインの販売機もあるので、家族や友達とおそろいの記念コインを作ってみるのもいい思い出ですよ!

安くお得にホノルル動物園を楽しみたい!

ホノルル動物園は当日のレシートを見せれば再入園することもできますが、子ども連れのファミリーには年間パスがおすすめ!!

ホノルル動物園の年間パスは全部で5種類あり、年間の入場無制限やお土産ショップ、カフェ、売店での優待割引などがついて、大人1名と子ども1名で40ドル〜。

ホノルル動物園に大人1名と子ども1名でふつうに入場すると30ドルはかかるので、2回利用すれば元はとれてしまうお得なチケットです。

さらに、専用エントランスも利用できるので待ち時間も心配なし!

ハワイに長期滞在する人や、ママがショッピング中に子どもと一緒に時間をつぶしたいパパさんにはもってこいのサービスですよ!

ホノルル動物園年間パスについての詳細はこちらから↓
公式サイト:https://honoluluzoo.org/honolulu-zoo-members/

また、「年パスをかうほどでもないけど1回くらいは行ってみたいな…」

そんな人には無料で手に入る「割引クーポン」の利用がおすすめ!

ハワイで使えるお得なクーポンが欲しい時はどうすればいい?

旅行中の出費は、抑えられるならちょっとでも少なくしたいですよね?

そんな時に強い味方になってくれるのが「クーポン」です。

とくに、動物園や水族館などの施設の入場料金はクーポンを使うとお得!!

ハワイで使えるお得なクーポンは、街中で配布されているフリーペーパー(クーポン雑誌)で手に入れることができます。

配布されている場所や町によって、たくさんの種類のフリーペーパー(クーポン雑誌)があるので、いろいろな施設の割引や特典のついたクーポンをたくさんゲットしちゃいましょう!

観光地であるハワイには、日本人向けの日本語のフリーペーパー(クーポン雑誌)もたくさん発行されていますが、よりお得なクーポンが欲しいなら英語版のフリーペーパー(クーポン雑誌)がおすすめ!!

同じクーポンでも、フリーペーパー(クーポン雑誌)によって割引率や特典がちがうので、とにかくフリーペーパー(クーポン雑誌)を見つけたら手に取って見ることをおすすめします!

フリーペーパー(クーポン雑誌)、ハワイの街中やショッピングセンター、ホテルに多く置かれているので要チェックですよ!

まとめ

”子ども連れに優しいサービスがいっぱい!ハワイの人気動物園ホノルル動物園”についてご紹介してきましたが、いかがでしたか?

ハワイの人気No. 1ビーチ「ワイキキビーチ」の周辺にはたくさんの有名なレストランやバー、観光スポット、エンターテインメントなどがありますが、どこも人でいっぱいでうんざりしてしまうこともあります。

ホノルル動物園のすぐ近くにはワイキキ水族館もあるので、カピオラニ公園を散策する予定のある人や喧騒から離れてゆっくりしたい人は、ぜひ一度足を運んでみてくださいね!

【人気記事】大人気のアウラニ・ディズニー・ハワイ・リゾートに激安で泊まれる裏ワザとは?

\ SNSでシェアしよう! /

ハワイ旅行のことならハワイツアーズの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ハワイ旅行のことならハワイツアーズの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • ハワイのオアフ島・ハワイ島・マウイ島でイルカと遊ぶ!おすすめイルカ・オプショナルツアー9選

  • 【ハワイ旅行記】ワイキキの夜空を彩る、ヒルトンの花火は週1回だけ!

  • 【ハワイ旅行記】3000m級の山を一気に駆け下りるスリルと爽快感!マウイ島のオプショナルツアーはこれがイチオシです!

  • ハワイ旅行大好き芸能人がおすすめする!テレビでも紹介されたアクティビティスポット特集

  • ハワイ観光と言えばココ!”ポリネシアン・カルチャー・センター”の魅力と絶対に外せないイベントとおすすめポイント

  • ハワイ1の絶景?ハワイの大自然に触れたいならココ!!ダイヤモンドヘッドへの行き方から魅力までを大紹介!