1. TOP
  2. 特集
  3. 憧れのビジネスクラスに安く乗る!!お得にハワイ旅行に行くための各航空会社のハワイ便料金・マイルを徹底比較!

憧れのビジネスクラスに安く乗る!!お得にハワイ旅行に行くための各航空会社のハワイ便料金・マイルを徹底比較!

 2018/10/03 特集
この記事は約 7 分で読めます。 183 Views

人生で一度くらいは芸能人みたいに、ビジネスクラスで豪華なハワイ旅行を楽しんでみたい!!

でも、航空会社も人気路線のハワイ便はセールをすることも少なく、ビジネスクラスのハワイ旅行の相場は安くても20万円〜30万円はします。

旅費が高くて諦めている人も多いですよね…。

そんな、気軽に行けないと思っていた憧れのビジネスクラスのハワイ旅行に”お得に行く方法”があったら…あなたはどうしますか?

今回は、”憧れのビジネスクラスに安く乗る!!お得にハワイ旅行に行くための各航空会社のハワイ便料金・マイルを徹底比較!”安くビジネスクラスに乗るための方法をご紹介します!

各航空会社のビジネスクラスの料金比較


【ビジネスクラス料金比較(9月一例)】

航空会社 直行便 乗継 1回
ANA 226,000〜
JAL 223,000〜 223,000〜
ハワイアン航空 224,000〜 223,000〜
デルタ航空 225,000〜 226,000〜
ユナイテッド航空 224,000〜 729,000〜
複数エアライン利用最安値 224,000〜 233,000〜

あわせて読んでおきたい”航空会社別のハワイ行きの航空チケットが一番安い時期はいつ?”についてはこちら↓

ビジネスクラスの安い航空会社がある!?

ビジネスクラスと聞くだけで「料金が高い!」とイメージが浮かぶ人が多いと思います。

事実、ハワイ便のエコノミークラスの航空券の料金は往復で約8万円程度にくらべ、ビジネスクラスの相場は往復で約30万円ほどと高価です。

エコノミークラスとくらべると確かにビジネスクラスは高いですが、この30万円というのはANAやJAL、デルタ航空などのメジャーな航空会社のビジネスクラスの正規価格。

数ある航空会社の中には、10万円台でハワイ行きのビジネスクラスを販売している会社があるのをみなさんご存じですか?

安いビジネスクラスの料金はいくらくらい?

10万円台でハワイ行きのビジネスクラスを販売している会社は、ハワイ通の間では絶大な人気を誇る「アシアナ航空(韓国)」と圧倒的な安さで注目の「中国国際航空(中華人民共和国)」の2社。

航空会社 中国国際航空 アシアナ航空

※直行便なし(韓国経由)

料金 12〜20万円 14〜23万円
おすすめポイント ・圧倒的な安さ

・ボリュームのある機内食

・若者グループ・単身者におすすめ

・おいしいと人気の高い機内食

・日本の航空会社と変わらない心遣いと良質なサービス

・プチ韓国旅行が楽しめる

アシアナ航空のビジネスクラスは、何度もハワイへ旅行するリピーターにはおすすめの航空会社です。

他にも、近年では大韓航空や中国系航空会社が価格を下げて運行していますし、日によってはデルタ航空やユナイテッド航空でも10万円台で買える格安チケットもまれに出まわっているので必見です。

ビジネスクラスだけでなく、エコノミークラスの料金もお得感のある価格に設定されているので、ハワイ旅行を計画している人はぜひ一度、フライト料金を比較してみてください。

もしかすると、もっとお得な航空チケットに出会えるかもしれませんよ!?

あわせて読んでおきたい”航空会社別の飛行時間とサービス内容”についてはこちら↓

マイルでお得にビジネスクラス乗る

「いつも利用している航空会社のビジネスクラスに乗りたい」

そんな人におすすめしたいのが「マイル」を使用する方法です。

ハワイを往復するにはどのくらいのマイルが必要なのか比較してみました。

航空会社 ハワイ往復に必要なマイル数 ポイント
ANA(全日空) 60,000〜68,000マイル ・往復利用のみ

・閑散期と繁忙期で必要なマイル数が変わる

JAL(日本航空) 70,000〜80,000マイル ・片道利用OK

・閑散期と繁忙期で必要なマイル数が変わる

デルタ航空 148,000〜460,000マイル ・片道利用OK

・閑散期と繁忙期で必要なマイル数が変わる

ハワイアン航空 130,000マイル ・往復利用のみ
ユナイテッド航空 110,000マイル ・往復利用のみ

マイルを使った特典航空券であれば航空チケットが「タダ」または航空料金の一部割引された「特別料金」が利用ができます

ただし、海外へ旅行するときには燃油サーチャージと空港使用税、旅客サービス料など、約2万円程度は別途必要です。

これだけのマイルを旅行や出張などでためるのは大変ですが、最近では日常生活でマイルをためられる場所も方法もたくさんあるので、賢くためればもっともお得に旅行が楽しむことができますよ!

では、効率よくマイルをためるにはどうすればいいのでしょうか?

クレジットカードのポイントをマイルへ交換

日常的にマイルをためるのに一番効率がいいのは、クレジットカードのポイントをマイルに交換する方法です。

クレジットカードによってマイルへの還元率が違うので、いかにマイルがたまりやすいクレジットカードを普段使用にするかが重要になります。

【JAL・ANAのマイル加算方法一覧】

航空会社 JAL ANA
クレジットカードの種類 VISA・JCB・マスターカード・アメックス・ダイナースカード
※取り扱うクレジットカード会社はほぼ同じ。
年会費 2,160円〜33,480円 2,160円〜167,400円
還元率 200円=1マイル

※プレミアム会員100円=1マイル

200円=1マイル

※アメックスのみ 100円=1マイル

おすすめポイント ・JAL旅行サイト「JAL easy Hotel」利用で100円=1マイル(ボーナスポイントもあり)

・Suicaカード対応

・百貨店・ショッピング系に強い(東急ポイント・小田急ポイントなど)

・毎年カードランクごとにマイルもらえる継続ボーナス(1000マイル〜

・交通系ICカードに強い(nimoca・PASMO・Suicaカードに対応)

・ポイントサイトとの提携が多い

JAL旅行サイト「JAL easy Hotel」で、国内ホテルやレンタカーを利用すると、100円ごとに1マイルがたまり、特別プランやホテルによっては追加マイルがもらえます。

もっともマイルをためやすいカードは、普段の通勤でどんどんマイルをためることができる交通系ICカード

無理なく手軽にマイルためたいなら、交通系ICカードに強いANAがおすすめです!

あわせて読んでおきたい” ハワイ旅行におすすめのクレジットカードの選び方と使い方”についてはこちら↓

還元率が良いANAマイル

交通系ICカードに強いANAなら、獲得したポイントを「ハピタス」「ちょびリッチ」「PONEY」などのポイントサイトでマイルへ交換すると、正規ルートでマイルを変換するよりお得にマイルがもらえます。

さらに、楽天やアマゾンのショッピングポイントやTポイント、電力会社のポイントなど、クレジットカードのポイントだけでなく、日常生活のあらゆるポイントをマイルに交換できる「ポイントサイト」の利用はおすすめですよ!

普段の生活が「ビジネスクラスで行くハワイ旅行の貯金」になっていくなんてお得感がありますよね。

まとめ

”憧れのビジネスクラスに安く乗る!!お得にハワイ旅行に行くための各航空会社のハワイ便料金・マイルを徹底比較!”をお届けしきましたが、いかがでしたか?

ちょっとした工夫とポイントさえおさえれば、あとは特別なことをしなくても自然にマイルがたまっていくのでとても簡単です。

憧れのビジネスクラスも夢じゃない!!

次こそは、ビジネスクラスで憧れの豪華ハワイ旅行を楽しんでみませんか!?

【人気記事】大人気のアウラニ・ディズニー・ハワイ・リゾートに激安で泊まれる裏ワザとは?

\ SNSでシェアしよう! /

ハワイ旅行のことならハワイツアーズの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ハワイ旅行のことならハワイツアーズの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • 【ハワイ旅行記】マラソンを完走!観光も便利でまた行きたくなる島、マウイ島

  • 【決定版】これさえあればもう安心!!ハワイ旅行の必需品を集めてみました!!

  • ハワイの夜も楽しみたい!夜景、夕日、星空、おすすめのスポット10選

  • ハワイにレンタルwifiは不要かも!?ワイキキエリアの無料wifiを網羅して、ネット環境を確保しよう!!

  • 観光中にバッテリーがなくなった!街中で電源を確保する方法は!?知って得するハワイのコンセント事情

  • ハワイ旅行に行っても大丈夫?キラウエア火山の噴火でハワイ旅行への影響は?